あなたへのメッセージ

卒業生からあなたへ

Tさん(龍谷大学)

いろいろあって転校を考えたとき、見学した2つの学校で迷っていました。親は有名なところを勧めましたが、僕は居心地がいいと感じた岐阜開成学院を選びました。こどもの頃から大事なことは自分で決めることはなく、大人の言いなりでした。ここから変わろうと思い僕は転校先を自分で選びました。

僕にとって岐阜開成学院は自分と向き合える場所でした。教室では山本さんと話す時間が大切な授業であり大きな楽しみでした。中でもお茶の間スペースでの雑談は僕にとって自分を見つめなおす貴重な時間でした。勉強の合間に時にみんなで、時に1対1で自分が思っていたことやぼんやりした進路のことなど、思うまま話して何気ない感想をもらう中で自分がやりたいことが少しづつ見えてきました。

いつでも山本さんと話すことができ、その時々の思いや感情を伝えることができるのはストレス解消にもなりました。また進路に対して自分の答えが出るまでじっくり一緒に考えてもくれました。山本さんとの雑談はくだらない話や共通の趣味のスポーツの話、そして男同士(!)の話がほとんどでしたが、たまに深い話で惹きつけられることもありとにかく楽しい時間でした。そして自分の将来のことを真剣に考える事ができるようになるための時間でもありました。そしてこのような心の話ができる時間は単なる会話ではなく対話というのだということも知りました。

いま僕は、困っているひと、悲しみの中にあるひと、心が弱っているひと、そんなひとと対話し癒やすことが出来るひとになるために大学で学んでいます。入試前、山本さんの厳しい指導があったから今があります。本当のやさしさとはやさしい言葉の中にのみあるものではなく、相手への思いを伝える強さも必要であることも知りました。

山本さんは見た目ほど怖くないですし、対話のある場所は世の中に、ましてや学校ではそんなに多くないと思います。僕はたまに岐阜キャンパスに帰ってきます。皆さんと会えるのを楽しみにしています。

Mさん(京都外国語大学)

岐阜キャンパスに転入する前の私は、特殊な環境で育った自分にプライドを持ち、殻に閉じこもっては精神疲労を繰り返す、そんな人間でした。これではいけないと思いながらも解決方法を見つけられず、転入してからも同じ失敗を重ねました。しかし、山本さんとの時間が自分を変えました。岐阜キャンパスでは、「対話」を通して他者との違いを受容し、自分を見つめ直すという機会がたくさんありました。

最初からうまくはいかず時間はかかりましたが、客観性のある柔軟な考え方が出来るようになりました。少しは親しみやすい人間になれたのかなと思います。人の優しさを知り、ぬくもりのあるコミュニケーションの心地よさを体験できた、貴重な青春時代でした。私が心を閉ざしていたにもかかわらず夜遅くまで残り、アプローチを続けて下さった山本さんには感謝しています。

卒業後、私は岐阜を離れ、京都で一人暮らしをしています。自分の人生に「対話」が一つのテーマとしてあることで、過去の自分のように心悩める人に気づけるようになりました。私は無意識に彼らと「対話」をしているのかもしれません。私自身、自分の極端な性格を表明し、頼りながら、助け合いながら生きています。

将来は海外ボランティアに参加したいと考えています。「言葉」を巧みに扱い「対話」を持ち掛け、より現地の人々と心で繋がれるように、ざっくりですが、教養のある人間を目指しています。

転入を考えている皆さん。
ここでは、あなたと同じような経験をした人、あなたを理解してくれる人、あなたの励みになる人に、きっと出会えると思います。時間の使い方は自由です。集中的に勉強する日があってもいいし、気分が乗らない時はお茶の間で皆とボードゲームをする日があってもいい。多くの学校では禁止されているアルバイトに挑戦してみてもいいですね。

そして、この学校特有の話しやすい学習環境で、真面目な話もふざけた話も思いっきり楽しみましょう。
予想外の学校生活に戸惑うかもしれませんが、過去の卒業生たちは、こうした時間を経て、次第に自分のやりたいことを見つけ出し、自分のために机に向かうようになっていました。だから、まずは自分と向き合い、自分を休める時間を作ってください。

保護者の皆様へ。
私は親の目線でお話しすることは出来ませんが、ご自身を責めないでいただきたいと思っております。このホームページをご覧になりお子様の将来のことを考えてらっしゃるのは、とても温かいご家庭だからだと確信しています。伝え方ひとつ繊細になられている時期かと思いますが、お子様は愛情として受け取っているはずです。お困りのことがありましたら、お気軽に岐阜キャンパスにご相談ください。

Fさん(歯科衛生士)

私は11歳から引きこもっていました。中学にも行かず、高校にも通っていない。外出だってままならない。
このままではダメだ、変わらなければと思い、いろいろ不安はありましたが、ひとり暮らしと高校進学を新しい土地で始めることにしました。

ネットで見つけて見学に行った岐阜開成学院で運命的な出会いがありました。そこは学校らしくない落ち着いた空間で、先生らしくない面白い大人がいました。気づけば初対面なのにどんどん話していました。ずっと他人に心を閉ざしていた自分だったのに…。ここに通いたい、と迷わず入学を決めました。

こうして私は18歳で高校1年生になりました。いままで引きこもっていたので最初はなかなかペースを掴むことが出来ませんでした。1年目は休むことも少なくありませんでしたが、先生たちはいつもあたたかく迎えてくれました。少しづつ登校日数も増え、勉強にも身が入るようになりました。

卒業までの3年間、私はつくば開成高校で勉強だけでなく、人生の道は多様なものであるということ、好きな仕事をして生きることの大切さを教わりました。そして何より、笑うこと、楽しんで何かに取り組むことの素晴らしさと大切さを教わりました。

「学校という雰囲気」が苦手だった私には、家のリビングにいるような安心した気持ちで、勉強の合間に他愛もないことや社会のこと、人生のことなどじっくり沢山話せたことが財産になっています。 今思えばそれも立派な授業だったんですね。

アルバイトもできるようになりました。履歴書の書き方からすべて教えてもらいました。最初は失敗して大泣きしたりしたけど、アドバイスを貰いながら仕事を探し、何箇所目かで自信を持って仕事ができる場所を見つけることが出来ました。

「どうせ私なんか」が口癖で、いつも自己否定ばかりだった私を先生たちは愛のある沢山の言葉で何度も励ましてくれました。そして変に完璧主義だった私をいい意味でいい加減にしてくれました。心がどんどん楽になっていくのを感じました。

現在は歯科衛生士を目指し専門学校で勉強中です。勉強や実習はとてもハードですが、岐阜キャンパスで身に付けたものを生かして乗り切っています。 たまに教室に相談しに行くこともあるんですよ。

就職も無事決まり春からは社会人です。
いま悩んでいる多くの人たちにも、私のようにいっぱい話していっぱい笑っているうちに自分がいい方向に変化している・・・そんな体験をしてほしいなと思っています。

(※執筆時専門学校生。現在は歯科衛生士として活躍しています。)

卒業生の保護者からあなたへ

Nさん(輪之内町)

不登校と闘病の中で高校受験の時期を迎えた為、迷わず通信制高校への進学を選んだものの、いざ調べだすと選択肢の多さに驚きました。“ひとりひとりに合った”などという言葉は、多くの学校のパンフレットやHPで見かけますが、最初に入学した通信制高校は生徒数が多く勉強に集中できる環境とは言い難く、説明を受けて思い描いていたイメージとは大きく違いました。そこで転校を決め、岐阜市周辺のいくつかの学校に子供と足を運び決めたのがキャンパスです。

この学校に決めたのは、少人数制で、オーダーメイドのように、真の“ひとりひとりに合った”サポート体制が実現している学校であると感じたからです。 本人の心と体の調子に合わせてもらえたのはもちろんのこと、医師からの指示にも協力してもらえ、子供の声、保護者としての声にも誠実に耳を傾けてくれました。

とりわけ母親である私の愚痴や子供への文句まで山本先生にさらけ出せたのは大きかったです。
不登校の子供と過ごす時間は母子の密室になりがちで、母親ひとりで向き合っていては必ず無理が来ます。 「温かく見守ることが大切」と頭でわかっていても、来る日も来る日も…となるとストレスもたまり、時に大ゲンカとなることもしばしばありました。そんなとき先生に話を聞いてもらうと楽になり、また愛情を持って子供に接し直すことが出来ました。

また、子供のちょっとした変化は良い場合も悪い場合も学校に知らせようと思いました。そんな一切合切を先生に話せ、一緒に考えてもらえたことが嬉しく何より心強かったです。親が学校に何かを伝えようとした時、あらたまった言葉で、ある程度考えをまとめてからでないといけないと思いついためらってしまいます。そしてそんなことを思っているうちに伝えるタイミングを逃してしまうことがあります。

山本先生をはじめ岐阜キャンパスの先生方は、まだ考えもまとまらない段階のとりとめもない話でも、こちらが口にさえすれば、耳を傾けてくれます。 また、先生からは、家での姿だけでは気付けなかった子供の良さをいくつも教えてもらいました。子供の将来を案じ不安感に襲われた時も、そうした先生方の言葉や子供を信じる姿に、気を取り直して辛抱強く見守ることが出来ました。ふりかえれば、母と子供の二点を結ぶ一本線から、岐阜キャンパスに転校したことで、学校という点も加わり三角形になれたと思います。

この学校でチームになって不登校の時期を乗り越えられたことは、順調な学校生活であったなら得ることの出来ない大きな大きな財産となっています。

職員からあなたへ

岐阜開成学院は「食っていけるひと」を目指す場所。でもそれは年収や地位の話ではありません。やりがいのある仕事をしながら幸せを感じて無理なく生きていけること。孤立せず信頼できる人たちと共に安心して生きていけること。そんな状態で日々の食事を楽しめるようなひとになることだと思います。

答えのない時代に「食っていけるひと」になる。そのために私たち職員は生徒を「気にかけ」「声かけ」「背中を支え」「背中を押し」ます。そして愛します。他人の大人に愛された経験はきっと生きる支えになります。

山本卓司(代表)

生徒のみなさんへ

“とりあえず高卒”になれば何とかなる時代はとうの昔。やっぱり「食っていける人」にならなアカンよね。やってみたいこと、取り戻したいものは何?やりたかったこと、自分のこと、自信がないからとあきらめてへん?

岐阜開成学院はあきらめていたこと、自信がないけどやりたいことに挑戦する場所です。そのチャレンジを私たち職員や先輩・同級生など岐阜開成学院の仲間たちがサポートします。自分で自分の「ホントの声」を聞いてみてください。そこからあなたの未来がはじまりますよ。

「あなたと私があなたのことをあなたと一緒に考える」岐阜開成学院でお話してみませんか。教室で会いましょう。

保護者のみなさんへ

初めてのことだから本当にしんどいですよね。大人だからっていつも強いわけじゃないし簡単に人に話せるものでもない。お子さんと一緒に心がボロボロになったり、情報が多すぎてどうしたらいいのか分からなくなったり。でも、どうか孤立しないでください。そんなあなたのために、岐阜開成学院があります。今抱えているそのしんどさ、私に分けてください。

このサイトは私ひとりで制作しました。それはご自分の頭で真剣に考え、検索し、HPを読み込む・・・まさに今これをご覧になっているあなたに岐阜開成学院の「ホントの声」をダイレクトに届けるためです。

そして岐阜開成学院の教育理念と保護者のあなたの想いをマッチングさせて一緒にお子さんを見守り育てる「スペシャルチーム」を作るためです。

心にためていたモヤモヤ、話しに来ませんか?お茶飲んで話しましょう。少しでも安心していただけたら嬉しいです。

神戸市生まれ清須市育ち。元通信制高校学習センター長。通信制高校の生徒と向き合い25年。温泉と焚き火とドラゴンズをこよなく愛するデッカいオッサン。バックパッカーとしてアジアの島々を周ったり、大型バイクに乗る一方、吹奏楽でチューバを20年、バンド経験もあり。その他映画のエキストラやデブモデルの経験など、チャレンジ精神と出たがりは芸人一家である父方のDNA。人生の大半を社会人大学生として常にどこかしら大学に所属して何かしら学んでいる。

末木誠(英語)

英語ってほとんどの人が「できるようになりたい」って思っているのに苦手・嫌いになってしまう人続出。とほほ。 

そんなあなたに「末木式英語」はいかがでしょうか。ちょっと英語を学んだことがある人だったら「15分で英語を英語でわかるようになる魔法」をおかけしやっす。 

野田昌(地歴)

すべての事柄には、原因と結果があります。それは光と影とも言い換えることができます。ひとつの事柄に常に「なぜ?」ということを考えることを意識しましょう。これが楽しく学習すること、そして考える力になっていきます! 

中根翔子(公民)

「自分らしさ」って何だろうと考え続けてきました。人と比べ、周りの環境に自分を合わせすぎて苦しくなることもありました。そんな中、環境を飛び出し旅に出て、人に出会い、学ぶ中で自分が少しずつ見えてきた気がしました。人と出会い、自分や他者、社会を知る、そんな発見を社会科の学びを通して一緒にできたら嬉しいです。

正治聖子(理科・数学・情報)

教室っぽくない教室で、自分のペースで勉強をできるお手伝いをしています。
 手芸も好きなので、数学、理科、情報を勉強したい人はもちろん、何かしら作りたい人もお待ちしております

村上沙智代(指導員)

私は旅が好きで、これまで仕事やプライベートで世界約50の国や地域を訪れました。旅先ではいつも自分の「あたりまえ」が、そうでなかったと気づく面白さがありました。
 私自身、いまも英語を学び続けながら異文化に触れる面白さを感じています。その気持ちをみなさんにもお伝えしたいと思っています

naru(指導員)

イラストレーター・クラフト作家
ITスキル基礎講座・クラフト講座担当

つくば開成高校卒業。不登校の期間を経て公立高校から転校。進路カウンセリングで進路を決め芸術系大学の推薦入試に合格し入学。
現在はイラストのほか実妹と姉妹でハンドメイド作品の制作・販売などを行う「pamクリエイティブ」を立ち上げ、デザインフェスタ・クリエイターズマーケット・岐阜クラフトフェアなどイベント出店や全国各地のお店での作品委託販売を行うなど幅広く創作活動を行っている。

Instagram
https://www.instagram.com/pam_creative_/

河合一尚(指導員)

ミュージシャン・Asterisk Music主宰
音楽個人レッスン・クリエイティブ講座担当

小・中学校で不登校、13歳の時に兄からもらったギターで音楽を始める。ギターを弾き始めるのと同時に楽曲も作り始め、作曲・編曲を独学で身につける。ベース・ドラム・ピアノ・DTMも始め、バンド活動を開始する。中学卒業後、3年間と期限を決め音楽活動を続けるが一度夢を諦める。自費で学費を出せる高校を探し公立通信制高校に18歳で入学。大学進学を考え勉学に励み、3年生で生徒会長。文化祭の出し物でバンドを組み全校生徒に歌詞に入れたい言葉を募りオリジナルソングを制作。ステージがあまりにも楽しく決まっていた大学の推薦を断り自らの夢を追う為フリーターになることを決意。高校在学中に初めてのオリジナルアルバムを制作。
音楽活動の傍ら続けてきた学童保育指導員の仕事、オーディションで掴んだ東京のレーベルからのデビュー、病による1年間の活動休止などを経て、現在は自主レーベル『Asterisk Music』にてフリー活動中。自身のアーティスト活動の他、これまでの経験を活かして音楽講師・レコーディング・ミックス・マスタリング・音源制作・MV制作・音楽レーベル事業・学校、福祉施設でのコンサートや講演会などの活動を行っている。