本日の担当からあなたにメッセージ

本日の通信制高校合同相談会「新しい学校選びフェア」にご参加ありがとうございます。本日ご対応する職員をご紹介します。ぜひ岐阜開成学院ブースにお越しください。お話しましょう!

山本 卓司(代表)

神戸市生まれ清須市育ち。元通信制高校学習センター長。通信制高校の生徒と向き合い25年。温泉と焚き火とドラゴンズをこよなく愛するデッカいオッサン。バックパッカーとしてアジアの島々を周ったり、大型バイクに乗る一方、吹奏楽でチューバを20年、バンド経験もあり。その他映画のエキストラやデブモデルの経験など、チャレンジ精神と出たがりは芸人一家である父方のDNA。人生の大半を社会人大学生として常にどこかしら大学に所属して何かしら学んでいる。

ひとこと

“とりあえず高卒”になれば何とかなる時代は昔の話。やっぱり「食っていける人」にならなあかんよね。やってみたいこと、取り戻したいものは何?やりたかったこと、自分のこと、自信がないからとあきらめてへん?

岐阜開成学院はあきらめていたこと、自信がないけどやりたいことに挑戦する場所です。そのチャレンジを私たち職員や先輩・同級生など岐阜開成学院の仲間たちがサポートします。自分で自分の「本当の声」を聞いてみてください。岐阜開成学院から見える自分の未来。そのきっかけを掴みにお話してみませんか。ブースにぜひお越しください。

末木 誠(英語)

神奈川県生まれ

ひとこと

村上 沙智代(指導員)

愛知県生まれ。NGOを経て旅行会社に勤務。今までに世界約50カ国を訪れる。印象に残っているのはリオのカーニバルとマチュピチュ、そしてパレスチナの難民キャンプ。大のあんこ好きで美味しい和菓子とあんパンに目がない。月に1度世界のドキュメンタリーを観てお喋りをするイベント「ダベリバシネマ」主宰。

オープンキャンパスにぜひご参加ください